女性(彼女)とデートする時に着る服は「色」が重要!

スポンサーリンク

dankon001

気になる女性や彼女とデートする際に服装を気にするのは当然ですよね。

少しでもお洒落に決めたいので、ファッション雑誌を読んで高いブランド品を着飾る男性も少なくありません。

確かに高いブランド品を身に付けて、カッコよくお洒落に着こなすこと自体は悪いことではありませんが、その他にも注意しなければいけない項目が存在します。

服の色が重要

服を選ぶ際は『』が重要になります。

色は心理的要素が大きいので、自分のイメージを植え付けることが可能なので、選ぶ色によっては第一印象が決定付けられてしまいます。

では、ここでは色によって与えるイメージについて解説していきます。

白色

清潔感で健康的なイメージを持たせることができる。明るく見えるので、性格も明るく見える。ただ、白は汚れが目立つので特に食事の際は注意が必要になります。

使い込んだ白の服は黄ばんでしまって逆に不潔なイメージを与えかねませんので、白い服を身に付けるときは特に注意が必要です。

黒色

黒色は男性が好んで着る服になりますが、重々しい雰囲気を与えてしまいますし、自己主張が強いという心理的イメージもありますので、初対面で黒の服を着るのはあまりオススメできません。

ただ、自分の弱さを隠したい場合には効果的ですので、張ったりをかましたい時には有効かもしれません。

赤色

赤色のイメージはアクティブ。エネルギッシュで目立ちたい時は有効的です。温かみを感じられるしオススメの色と言えます。

ただ、男性が赤を着こなすのは難しいので、自分の容姿に似合った格好を心がけましょう。

黄色

黄色は有彩色の中でも1番明るい色で元気の源です。黄色を見るだけで人を幸せにするという心理もあり、明るい性格にもみえますので積極的に着こなしたい色になります。

ただ、膨張色になりますので、太った人が着ると余計体型が浮き出るので注意が必要です。

紫色

紫色は気高いイメージがありますので、初対面の時は避けたい色になります。自分を上品に見せたい場合には有効です。また、性的なものを感じさせるので、エッチまで持っていきたい場合でも有効になります。

但し、赤色と同様に着こなすことが難しい色になるので、自分のファツションセンスに自信が無い方は避けた方が無難です。

緑色

緑色は安定やリラックス効果がありますので、相手を穏やかなに気持ちにすることができます。

ただ、緑は地味になりやすいので、他の色と組み合わせてお洒落に着こなすことが重要になってきます。

最後に・・・

この様に、それぞれの色で特徴がありますので、自分が強調したいことを見極めて色を選択しましょう。

一応言っておきますが、似合う服を選ぶことが大前提になることは言うまでもありません。

スポンサーリンク

日本最大級の婚活サイト


ブライダルネットは、毎月15,000人以上ものカップルが成立する婚活サイトです。

>>無料会員登録を行う<<

無料で出来る恋愛自己診断テスト


パートナーエージェントが実施している『自己診断テスト』は、20個の簡単な質問に答えるだけで婚活偏差値をチェックすることができます。

>>診断してみる<<