デートの際は女の子の帰り時間を気しよう

女性とのデート術

dankon005

気になる女性と二人きりで遊ぶ場合に気にしなければならないのが「帰る時間」になります。

なぜ帰る時間を気にしなければいけないのかと言うと、女性に「安心感」を与えるためです。例えば、仕事終わりに居酒屋に飲みにいく場合、飲み始めるのは早くても7時ぐらいになると思います。

そこから話も弾み、気づけば11時過ぎ・・・。そろそろ終電の時間が気になり始めるころです。一部の女性を除いて、ほとんどの女性は付き合ってもいない男性とエッチをすることを拒みます(当たり前ですが・・・)

しかし男性は、あわよくばエッチをしたいと考えます。(男性の特性なのでこれは仕方ないです)

その場の雰囲気から「そろそろ終電が無くなるのでもう帰る」となかなか言い出せない女性もいるでしょう。

それを良いことに、アホな男性は「この子ならいける!」と思い込み、何とかホテルや一人暮らしの自宅に誘い込めるようにあの手この手をを使って頑張ることでしょう。

しかし女性は男性に比べて知的レベルが大幅に高いので、男性のそういった企みをすぐに見抜いてしまいます。

女の子を気遣う気持ちが大事

ここはとりあえず性欲は抑えて、終電が近くなったら、「時間大丈夫?」「終電間に合う?」などの優しい言葉をかけてあげましょう。そうすることで「この人なら安心できる」と思わせることができ、その結果、次のデートへと繋がります。

ただ単に、エッチをしたいだけであれば、手当たり次第アタックしてもいいですが、「この人しかいない運命の人」に出会ったなら、いきなり性的欲望をむきだしにせずに、じっくり接してあげることが大事になります。

タイトルとURLをコピーしました