時にはタメ口を使って親近感を持たせよう

スポンサーリンク

jyokon018

気になる男性が年上、目上の人の場合は、親密な関係でない限り敬語を使います。これはマナーとして常識で、いきなりズカズカとタメ口で接すると印象を悪くする恐れがあります。

ですので、これからするお話は、『普段はキチンと敬語を使っていることが前提になります

感情を出す時は、タメ口にする方が効果的です。

例えば夜景を見た時に、「凄いキレイですね」と言うより「すごーいキレイ」という方が感情がこもっていているように感じますよね?これも普段敬語を使っているからこそ「この子にもこういう一面があるんだ」と思わせることができて効果が倍増します。

会話の中で感情を出すというのは非常に大事なことで、怒を抜いた『喜哀楽』を上手く活用することが相手を惹きつける大きなポイントになりますので、覚えておきましょう。

会話の中で感情を出すことが大事になりますが、「スゲー」などと言った若いギャルが使う言葉は控えた方が良いでしょう。年齢が10代で若ければまだいいですが、20代後半でそういった若い言葉を乱用させると相手は引いてしまい痛い女性というレッテルを貼られてしまいます。

特にははしゃぐことも大事

何度も出てきますが、男性はギャップに惹かれます。

普段は大人しくて清楚な人がはしゃぐと「ん?」とあなたに惹かれます。もちろん必ず良い印象を与えるとは限りませんが、相手に興味を持ってもらえる可能性は格段にアップします。

では、モテるはしゃぎ方とはどういうことなのか?

例えば、合コンでカラオケに行ったとします。周りがマスカラを持ってはしゃいでいるのに、一人だけ微動だにせず見ていては「ノリが悪い空気の読めない子」と思われてしまいます。

そうです、はしゃぐ=ノリが良いと共通しているかもしれません。

気になる男性と水族館に遊びに行ったとします。魚を見て「フゥーン」って思うより、「わー、すごーい、可愛い!」とはしゃぐ方が好感を持てるし自分に興味を持ってくれているとも思わせることができます。

テンションを低くすると相手も低くなります。せっかく遊ぶんですから、楽しく遊びたいですよね!

所構わず、常に子供みたいにはしゃいでいても相手に「しんどい女性」と思われる可能性がありますので、はしゃぐ時は、テーマパークに行った時や、周りが盛り上がっている時に限定した方が良いかもしれません。

ただ、悲しいことに、大人しくて容姿が可愛い子が一番モテるという現実もありますが・・・

スポンサーリンク

日本最大級の婚活サイト


ブライダルネットは、毎月15,000人以上ものカップルが成立する婚活サイトです。

>>無料会員登録を行う<<

無料で出来る恋愛自己診断テスト


パートナーエージェントが実施している『自己診断テスト』は、20個の簡単な質問に答えるだけで婚活偏差値をチェックすることができます。

>>診断してみる<<