何でも勝負したがる男性の心理

スポンサーリンク

d0003

私の周りにも、何かあるごとに勝負したがる友人がいますが、その友人に限らずゲームやスポーツをする時など、どんな些細なことでも競い合いたい男性は多いです。

例えばゴルフ。

女性が混じっていると楽しくゴルフを楽しんで終わりですが、男性だけのゴルフの場合、かならず真剣勝負に発展して競い合います。時にはジュース代をかけたり、負けた人がデコピンを食らうなど、何かをかけて勝負を楽しみます。

※お金をかけると賭博罪になる可能性があるので止めて下さいね☆

まー、ゴルフやサッカーなどのスポーツであれば競い合うことは普通かもしれませんが、クイズ番組を見て「どちらの方が雑学を知っているのか」、居酒屋を紹介する番組を見て「どちらの方が美味しい居酒屋を知っているのか」、車の運転をして「どちらの方が運転テクニックがあるのか」など、女性からしてみればどうでも良いことでも、むきになって勝負をして決着を付けたがります。

男性は攻撃的な生き物

今でこそ、10代~20代を中心に草食系男子が脚光を浴びて増えてきていますが、元々男性は男性ホルモンの影響から攻撃的な生き物なのです。

勿論、同調も大事ですが、同調だけではこの厳しい社会で通用しません。常に競争心を持って、相手を蹴落とす精神力を持っている男性が程、社会で成功する可能性は高いです。

また、優越を付けることにより、勝った時は爽快感を得られるし、負けた場合でも悔しい思いをした分、反骨心をバネに向上できるので、どっちに転んでもメリットがあります。

しかし、最近の子供の教育では、運動会のかけっこでゴール前で全員でゴールテープを切って順位を決めなかったりなど、負ける子供を配慮して出来るだけ競争を回避する教育法が増えています。

そういって競争を知らない子供が社会人になった時に、社会の「競争」にすぐ耐えられなくなり、ニートになって引きこもりになるんです。

すいません、話がそれましたね・・・

女性は協調性を重視する

勝負を好む男性の心理に対して女性は協調性を重要視します。

言わば平和主義者で、相手の意見を否定することも少なく争いを出来るだけ避けようとします。

その割にすぐ陰口を叩きますが・・・(笑)

スポンサーリンク

日本最大級の婚活サイト


ブライダルネットは、毎月15,000人以上ものカップルが成立する婚活サイトです。

>>無料会員登録を行う<<

無料で出来る恋愛自己診断テスト


パートナーエージェントが実施している『自己診断テスト』は、20個の簡単な質問に答えるだけで婚活偏差値をチェックすることができます。

>>診断してみる<<