カメラ女子や写ガールが急増している理由

スポンサーリンク

w0012テーマパークや観光先で写真を撮るのは普通ですが、最近では高性能のカメラが手軽に誰でも入手でき、プロ並みに写真を撮れる様になったこともあり、また、SNSやブログなどの共有サイトに投稿するために、普段の日常を所構わずカシャカシャ写真を撮る人が急増しています。

一昔前でしたら、写真にハマっている人の大半が男性でしたが、最近は若い女性を中心に、カメラ人気が勃発しており、自分自身や友人など人物を撮る他に、スイーツなどの食べ物や、日常のちょっとした何気ない風景など、何でもかんでもカメラに収めたくなります。

そういった写真好きの女性のことを『カメラ女子』や 『写ガール』とも呼び、ちまたでは「写ガールコンテスト」が頻繁に行われているぐらい世間に認知されている用語になります。

写真にハマる女性の心理

自己開示

写真にハマる女性の心理は様々考えられますが、その一つに「自己開示」が挙げられます。自己開示とは自分のことをありのままに伝えることで、人間関係を築く上で非常に重要なことです。

特に女性は共感意識が強いので、自己開示力が強いと言えますので、その結果自分の好きな物や風景などの写真をSNSやブログに投稿して周りに見せる為に、写真を撮りまくる女性がいることも、写真にハマる女性の心理の一つと言えるでしょう。

安心感を感じたい

楽しかった思い出を写真として残しておくことで、その写真を見返したときに安心感を得ることができます。

共感してほしい

男性よりも女性の方が写真にハマる理由として一番に挙げられるのは、共感を得る為に写真にハマるという行為です。女性は感動したものをすぐ周りと共感したがる傾向がありますので、写真は周りと手軽に共感を得ることができる最高のツールと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

日本最大級の婚活サイト


ブライダルネットは、毎月15,000人以上ものカップルが成立する婚活サイトです。

>>無料会員登録を行う<<

無料で出来る恋愛自己診断テスト


パートナーエージェントが実施している『自己診断テスト』は、20個の簡単な質問に答えるだけで婚活偏差値をチェックすることができます。

>>診断してみる<<