常に彼氏を欲しがる「恋愛依存症」女性の心理

スポンサーリンク

w0015

職場や学校に必ず一人はいる「常に彼氏がいる女

同じ相手とずっと付き合っていれば微笑ましい話かもしれません。

しかし、数ヶ月単位で何人もの男性と立て続けに付き合い、常に彼氏がいないと不安で生活が出来ない女性はもはや「恋愛依存症」という精神疾患の領域に入ります。

恋愛依存症とは?

恋愛依存症とは、恋愛に対して異常な執着心が生まれ、恋愛をすることでしか欲求を満たせない人のことを指すことが多いです。

常に男性から求められないと不安になるので、好きな男性に振り向いてもらう為にはどんなことでもするし、男性と同調を求めるので、常に男性と一緒にいないと気が収まらなく、束縛したがります。

友達の彼氏も欲しがると重症

好きな男性に対して異常な恋愛をするだけなら、まだましかもしれませんが、恋愛依存症が重症化すると、好きでもない友達の彼氏も手に入れたくなります。

これは、恋愛依存症に限った話ではなく、商品でも言えることですが、手に入れるのが困難な物ほど手に入れたくなる心理があります。

友達から彼氏を奪い取ることで優越感を味わうことができます。もはや恋愛ゲームですね。

ちなみに、「恋愛依存症=女性」と思われがちですが、男性でも恋愛依存症になることはあります。

恋愛依存症になりやすい人の特徴

幼少期に愛情を受けていない

幼少期に親などに、十分な愛情を感じながら育てられていないと、成人になってからその反動で「もっと愛されたい」と感じます。

自己中心的な人

自己中心的に相手の気持ちを考えられない人は恋愛依存症に陥りやすいです。逆に相手のことを思いやる気持ちがある人は恋愛依存症になりません。

自分に自信が持てない人

自分に自信が持てない人は、いつ捨てられるのか不安で恐れているので、相手に対して束縛することにより、不安を解消し満足感を得ます。自分が愛されているかを常に確認して実証を欲しがります。

スポンサーリンク

日本最大級の婚活サイト


ブライダルネットは、毎月15,000人以上ものカップルが成立する婚活サイトです。

>>無料会員登録を行う<<

無料で出来る恋愛自己診断テスト


パートナーエージェントが実施している『自己診断テスト』は、20個の簡単な質問に答えるだけで婚活偏差値をチェックすることができます。

>>診断してみる<<